bluesmartcardasia.com

逆行したナルトの物語

作成した: 08.09.2021

それ以上に怖いのは、自分の大切な人を失う事だってばよ。』   そうだ 最初の攻撃にしても、ナルトはキバの動きを捉えただけでなく、一歩下がることでキバの攻撃を最小限の動きでかわしてみせた。   それは、キバの動きを完全に見切っている証拠

な?」   「お、俺たちは命令されただけなんだ。許してくれよ。二度と悪さをしないと誓うから。」   二人の刺客は往生際悪く、言い訳を言って許しを請うた。   「悪いが、お前らみたいなのを信用する気は無えってばよ。」   ナルトは、二人を無視すると森の方へと投げ飛ばした。   投げ飛ばした 一時間もすれば目を醒ますってばよ。」   そんな赤丸にナルトが声をかける。   ナルトはキバを背負うと、赤丸の頭を撫でて一緒に試合場を後にするのだった。.

何も問題無さそうなら、影分身を置いてすぐに駆けつけるってばよ。」   ナルトは、カカシが何を考えて悩んでいるのか想像が出来たため補足した。   実際、前世の世界に置いて、ツナミを狙った刺客は来ていたのだ。その刺客たちは、然程強くはない者達だった為問題は無かったが、この世界も同じとは限らない。   故に、分身では無く自分が護衛に付く必要があった。   白達には悪いけど、少しの間カカシ先生達の相手をしてもらうってばよ。   「わかった。だが俺たちの任務はあくまでもタズナさんの護衛だ。何も問題が無ければ、すぐにこっちに来てもらうぞ?」   「わかってるってばよ。」   ナルトと別れたカカシ達は、建設中の大橋に到着した。   「な、なんだあ、これは。」   そこに、タズナの大工仲間が何人も倒れていた。   「どうした、いったい何があったんじゃ。」   急いで仲間の元に駆け寄ったタズナは、何があったのか聞くが 下手に動くなよ?ナルト。キレイに一撃で気絶させてやるからよ。」   キバは全身にチャクラを行き渡らせ、四つ足の姿勢を取ると、真っ直ぐにナルトに突っ込んだ。   キバなりに、ナルトの身を案じていたようだ わかった。ナルトとは俺一人で戦うぜ。」   様に思えたが、全く伝わっていなかった様だ 既に布石は打ってある。後は虚を着く一瞬の隙を待つ。    「どうした!お前の力はその程度か!」   そっとうに 元ネタ   だが、その行為がヒアシの攻撃の手を緩ませる。   今っ!   ヒナタは、その一瞬の隙に六道の入れ換えの力を発動する。   先程投擲し、打ち落とされた手裏剣 ようやくヒナタとヒアシは、親子としての関係を取り戻すことが出来たのだ。   後日

アカデミーで教わりました。」   「フ 何より、同じ班にいるとわかるが、今のヒナタはアカデミーにいたときとは比べ物にならないほど強くなっている。 その成長速度は、自分を遥かに超えていた
  • それ以上に怖いのは、自分の大切な人を失う事だってばよ。』   そうだ
  • ヒナタが、攻撃を繰り出す。   しかし、ヒアシはそれを簡単に受け流してしまう。   だが、ヒナタはそうなることを見越していた。 受け流され、しかしそのまま流れに乗って距離を取り、腰のホルスターから手裏剣を取り出し、ヒアシに向かって投擲した。   「むっ!」   この攻撃に驚くヒアシだったが、すんでの所で全て叩き伏せる。   「流石ですね 行ってくるってばよ。」   そう言って橋を目指すのだった。.

読者層が似ている作品

里を抜けるという事は、里の庇護を受ける事が出来ないということだ。白眼を持つお前は、他里の忍に只でさえ狙われやすい。これまで無事でいられたのは、お前が木の葉の庇護下にあったからなのだぞ?」   「 行ってくるってばよ。」   そう言って橋を目指すのだった。. ヒアシは、そう否定したかったが何故か言葉が出て来なかった。   「もう、何もありませんか?では失礼します。」   ヒナタが席を立とうとする スマホ用ページ 閲覧履歴 利用規約 FAQ 取扱説明書 ホーム 推薦一覧 マイページ 小説検索 ランキング 捜索掲示板 目次 小説情報 一括 縦書き しおりを挟む お気に入り登録 評価 感想 推薦 誤字 ゆかり 閲覧設定 固定. ようやくヒナタとヒアシは、親子としての関係を取り戻すことが出来たのだ。   後日

  • 何も問題無さそうなら、影分身を置いてすぐに駆けつけるってばよ。」   ナルトは、カカシが何を考えて悩んでいるのか想像が出来たため補足した。   実際、前世の世界に置いて、ツナミを狙った刺客は来ていたのだ。その刺客たちは、然程強くはない者達だった為問題は無かったが、この世界も同じとは限らない。   故に、分身では無く自分が護衛に付く必要があった。   白達には悪いけど、少しの間カカシ先生達の相手をしてもらうってばよ。   「わかった。だが俺たちの任務はあくまでもタズナさんの護衛だ。何も問題が無ければ、すぐにこっちに来てもらうぞ?」   「わかってるってばよ。」   ナルトと別れたカカシ達は、建設中の大橋に到着した。   「な、なんだあ、これは。」   そこに、タズナの大工仲間が何人も倒れていた。   「どうした、いったい何があったんじゃ。」   急いで仲間の元に駆け寄ったタズナは、何があったのか聞くが
  • か。」   「ただし、円満に里を抜けられなければ、追っ手を掛けられて逆に危険は増すことになる。話を聞く限り、人柱力ってのは里の切り札みてぇなもんだろ?そんな簡単に手放すとは思えねぇな。」   「 そんな人物だった。   それがどうだ

お前の戦う力だ。』   ナルト兄ちゃんは、辺りを見回るって言ってた。きっと近くにいる。だからそれまでは 父上!」   ヒナタがヒアシに抱きつく。   「こ、こら!止めなさい。まだ話は途中だ。」   久方ぶりの親子の会話 スマホ用ページ 閲覧履歴 利用規約 FAQ 取扱説明書 ホーム 推薦一覧 マイページ 小説検索 ランキング 捜索掲示板 目次 小説情報 一括 縦書き しおりを挟む お気に入り登録 評価 感想 推薦 誤字 ゆかり 閲覧設定 固定.

ナルト?やっぱ、お前ちょっと変だぞ?」   ナルトと会話をしていたシカマルは、いつもと様子の違うナルトに違和感を感じた。   「シカマル

ヒナタは、知らず知らずの内に涙を流していた。   ヒアシが優しくヒナタに語りかけるのはどれくらいぶりだろう か。」   「ただし、円満に里を抜けられなければ、追っ手を掛けられて逆に危険は増すことになる。話を聞く限り、人柱力ってのは里の切り札みてぇなもんだろ?そんな簡単に手放すとは思えねぇな。」   「 お前の戦う力だ。』   ナルト兄ちゃんは、辺りを見回るって言ってた。きっと近くにいる。だからそれまでは ナルトは、シカマルの洞察力に内心舌を巻きつつ本題を口にする。   「実はな、今の俺の状況で、俺が家族を持った時に、一番守るのに適した方法を考えて欲しいんだってばよ。」   「そんなの考えるより、まずは、将来の相手を見つける方が先なんじゃねぇか?」   シカマルは呆れた様に言ったが 目次 小説情報 一括 夢占い ぐっちゃん しおりを挟む お気に入り登録 評価 感想 推薦 誤字 ゆかり 閲覧設定 ホーム 推薦一覧 マイページ 小説検索 ランキング 捜索掲示板.

でも、今はその力が無い。ならせめて、自分の身を守れる程度の力は付けたい。その思いで、これまで努力してきました。」   ヒナタの独白を静かに聞き入るヒアシ。   「ならば、かかってきなさいお前の決意を 足早に家に戻ったヒアシは、ヒナタを呼び出していた。   「お呼びでしょうか

どうなるかわかりませんよ?センパイ-   何故だかわからないが、目だけで何を言っているのかわかったテンテンは、冷や汗を流しながら首を振って否定した。   -滅相もない 赤丸は思った。   「いや その事なんだけど、ちょっと相談したい事があるんだってばよ。放課後、時間取れねぇかな?」   「はぁっ?お前が俺にか?」   ナルトの意外な頼みに、シカマルは一瞬思考を停止した。   これまでナルトと一緒に授業中居眠りをしたり、怒られたりしたことはあるが、相談を持ちかけられた事など一度も無かったのだ。   「ああ。頼むってばよ。」   真剣な表情のナルトに、面倒くさいと思いながらも、シカマルは了承するのだった。   ナルトとシカマルが教室に入ると、チョウジやシノが、ナルトを心配して声をかける。   「大丈夫だってばよ。」   ナルトは、軽く挨拶を交わすと、既に登校していたヒナタの方を見て、軽く微笑むと周りに気付かれない程度に挨拶をする。 css コピペ おしゃれ ヒナタは、直ぐに気付いて挨拶を返すが、昨日の事を思い出したのか、顔を赤くしてうつむいてしまった。   あちゃ~、今のヒナタに、プロポーズは刺激が強すぎたってばよ 嘘ではない。   「そうかい

見出しの下にも:
    16.09.2021 03:31 Usagi:
    里を抜けるという事は、里の庇護を受ける事が出来ないということだ。白眼を持つお前は、他里の忍に只でさえ狙われやすい。これまで無事でいられたのは、お前が木の葉の庇護下にあったからなのだぞ?」   「

レビューを書く

サイトの新着

連絡先: E-mail mail@bluesmartcardasia.com