bluesmartcardasia.com

暴風竜

作成した: 23.08.2021

作中世界にて災厄をもたらす伝説の黒龍と呼ばれている古龍種で、数多の飛竜とラオシャンロンを駆逐した者の前に現れるという設定である。 また、ミラボレアスという名称は、ゲーム内世界の古語で「運命の戦争」を意味するとされている。 全体がやや紫がかった黒色で、四肢の他に背中に大きな翼を備え、長い尾を持ち、作中では古龍種の始祖の姿や体形を色濃く残したものであるとされる [55] 。4足歩行だが、直立姿勢を取ることもできる。 挑んできたハンターを倒した後、その武具をねぐらに持ち帰る習性があると言われており、持ち帰った武具は体温で溶かされて黒龍の甲殻と一体化するという設定がある。 後述のとおり亜種が存在するが、クエスト紹介などでは3種とも「ミラボレアス」との表記がされており、原種や亜種といった区別はされておらず、ギャラリーなどで「亜種」の記述が見られる。.

カプコン:インフィニット 』でも敵キャラクターとして登場する。.

この空間の中で イフリート 虚無を継ぐもの 大賢者 と出会うこととなるのでした。. ヒナタの必殺奥義「メルトスラッシュ」でも、ヴェルドラにはギリギリ僅かなダメージがあった程度で、 散々にヒナタを馬鹿にして、根にもたれる こととなってしまいました。. 山のような巨体の古龍。 タコ のような形態をしており、空中に浮きながら4本の太い触腕と2本の細い触手を垂れ下がらせている。体表にはヤマツカミの体液を栄養源とした 寄生植物 である龍苔や龍木と呼ばれるコケや木が生育し、別称の由来となっている。キリンと同様に、一般的に連想される 龍 の姿はしていないが、分類が難しいと言う点、太古から存在したという点などからヤマツカミを古龍に分類したという設定である。口は前方に開き、巨大な臼歯が確認できるほか、触腕には指が生えており、短いが尾も存在する。.

古代の建造物に住み着いており、小型の飛竜モンスター「エギュラス」を従者として従えているなど、絶対的な存在として君臨している [53] 。. ヤマクライは、周辺地域の古文書などにもその目撃例がないと設定づけられている [48] 。『ハンター大全G』では「ヤマツカミほどの巨大で長寿だと考えられる生物が、亜種などというかたちで何体も存在する可能性はゼロに近く、かといって我々人間の知る時間の範疇で計れるような成長速度だとはとても考えられない」という点から、「古龍観測所が所持するヤマツカミの資料一つ一つに関する姿や形、色などの差異は目撃条件や調査環境の違いから生じたものである」と結論付ける旨の記述がある [50] 。つまり、作中では「ヤマツカミに類似した姿を持つ別種のモンスター」は人間側に認知されていなかったということで、少なくともヤマクライの「古文書などにも目撃例が残されていない」という設定との齟齬はない。 武具は東方の武神などをイメージしてデザインされている [45] 。ヤマツカミのものと異なり、全体的に朱色や赤色の彩色となっている。.

高標高の遺跡である「遺群嶺(いぐんれい)」の調査に際して発見された古龍。「銀翼の凶星」という異名を持ち、非常に高い高度、また場合によっては海中 [26] をも高速移動することができ、高度地域を縄張りとしている [27] 。. 体長が70メートル近くに達する大型の古龍種。巨体の割に頭部は小さく、全身の約半分を長い首と尾が占めている。体型は 竜脚類 型の4足歩行で、赤色の甲殻が発達しており、頭部に一本の角を持つ。かつて翼があったが、巨大化する進化の過程で不要となり失われたとされている。ゲーム中にて「ラオシャンロンは、古い呼び名で老山龍とも呼ばれる」とされ、ハンター大全でも、「老山龍」はラオシャンロンの別名として併記されている。.

[ ]. 3 MHF-G. [7] [2] MHWI .

リムル、ヴェルドラ、ラミリス、ミリムの四人パーティーは「 死を齎す迷宮の意思 ダンジョン・ドミネーター 」として地下迷宮に挑む冒険者達に恐れられるほどに成長していきました。. リムルと一緒に考えた初見殺しの必殺技「 収束暴風攻撃 ストームブラスト 」で、ヴェルグリンドにダメージを与えることにも成功しますが、近藤に不意を突かれ究極付与「 神滅弾 ジャッジメント 」で撃たれると、皇帝ルドラの「 王権発動 」によって精神支配をされそうになります。.
  • かつて街を滅ぼされた経緯もあるルミナスは怒り、ヴェルドラは「 生と死の抱擁 エンブレイスドレイン 」で魔素を吸われながら、ルミナスが満足するまで「激痛」「不快感」を与えられますが、結果として暴発しそうになっていたオーラが安定値まで減少します。.
  • net『 「MHF-G」アップデート「G9.

竜種とは?強さについて

特異個体は身体の表面にある模様が通常とは別の形をしており、ゆっくりと闊歩しながら無数の雷を周囲に落とす攻撃や、縦回転しながら跳躍してそのエリアにいる全ての敵に対して雷を連続で落とす攻撃のほか、肉眼では瞬間移動しているようにしか見えないほどの超高速度での突進も会得しており、これに当たると確実に麻痺する。また、新モーションで落される雷は見た目も異なり、通常の雷に比べて攻撃範囲が広い。剛種の特異個体は体力が一定値以下で怒り状態になると青色に加えて赤色の雷もまとい、この時は前述の高速突進を、突進後に一切方向転換することなく3連続で繰り出してくることがある。 また、MHF-G RELATED POST. 古龍種はその多くが一部を除いて頭部の角と4つの脚に一対の翼という、西洋 ドラゴン の外観を持つが、作品世界内では古龍種を「生態系から逸脱したものの総称」と定義しており、生物学的な分類ではないという設定である。例としてラージャンは、古龍種の研究者の調査対象となり、古龍種に分類する案も存在したが、骨格などの特徴が明らかに分類可能な生物種の特徴を持つことから一応は他の生物種カテゴリに入れられているという作品内の設定がある [3] [4] 。アカムトルムとウカムルバスも、古龍種に分類される案が出ていたが、後に飛竜種の祖先であるワイバーンレックスと骨格が酷似していると判明した結果、翼が全く無くても飛竜種に分類されているという設定である。.

高標高の遺跡である「遺群嶺(いぐんれい)」の調査に際して発見された古龍。「銀翼の凶星」という異名を持ち、非常に高い高度、また場合によっては海中 京都 心霊 マンション をも高速移動することができ、高度地域を縄張りとしている [27] 。.

MH4Gでは亜種が登場する。設定上では生物学的亜種ではなく、原種が 脱皮 した直後の姿であり [21] 、ムービーでは脱皮の様子が描写されている。鱗が金色に変化しているほか、扇刃や鉤爪を高温で赤熱化させる能力が加わっており、一部の攻撃の後にフィールドの地面を一時的にマグマ化してハンターへのダメージ地帯に変化させる。赤熱化は、脱皮直後ゆえに新陳代謝のバランスが悪く、体温が異常に上昇する部位が生まれているためという設定である [21] 。それ以外の攻撃パターンは原種と変わらないが、各所の部位が赤熱化していないと攻撃が通らない。.

ゲーム内において、世界を滅ぼす悪魔や大地を創る巨人として神話や御伽話の中で描かれるという、火山にも似た容姿を持つ巨大な古龍種。全身は溶岩のような光が漏れる岩石質の物質で覆われている。全身に火山の火口に似た砲門のような器官を持っており、その砲門状器官から マグマ 状になった高熱の体液を 火山弾 のような火球として打ち上げ、自身の周辺に降らせることで辺り一面を火の海と変える。翼と思しき器官は火山弾の排出に特化した構造へと変化を遂げており、飛行能力は無い。翼の有無以外はミラボレアスと似通った骨格構造をしているが、関連は明らかとなっていない。.

[22]. error: Content is protected!. MH3MHP3MH3G G!

トワリン(風魔龍)の基本情報

食物を腐敗させて生成した体内のガスで自らの巨体を浮かせているとされている。空中を漂っているだけのように見えるが、性格は凶暴でしばしば街を襲撃することもある。寿命は非常に長いとされ、海洋を越えて生存が確認されていることから、行動範囲も非常に広いとされている [14] 。作中では、古龍観測所に保存されていた絵にヤマツカミらしき生物が描かれていた。. リムル、ヴェルドラ、ラミリス、ミリムの四人パーティーは「 死を齎す迷宮の意思 ダンジョン・ドミネーター 」として地下迷宮に挑む冒険者達に恐れられるほどに成長していきました。. 全身を暗色の銀色の鱗にまとっており、これは高高度の強烈な紫外線を反射して体組織を守るため発達させたものとされる [28] 。四肢とは別に背部にある独自の形状をした翼はシャガルマガラやゴグマジオスと同じく翼脚となっているが、脚としてではなく腕や推進器官として進化を遂げており [27] 、翼の骨格が太く発達して指となっている一方で、羽ばたく飛行は行わないので翼膜が退化してほぼ消失している。翼脚の筋肉や 靭帯 が非常に発達しているため翼脚の関節は非常に可動範囲が広く、翼脚の付け根から向きを度変えたり、腕や指を一気に新調させると言った事が可能 [28] 。胸部から外気を吸収してそれを体内で反応させて生み出した「龍気」と呼ばれる龍属性を伴うエネルギーを翼脚から ジェットエンジン のように噴出して推進力を得て飛翔するという ジェット機 のような飛翔を行う [27] 。その飛行方法のためバルファルクは赤く輝く光の尾を引いて飛んでいき、飛翔するバルファルクは地上の人間からは 彗星 だと誤認されてきた過去があり、古龍として記録されていた僅かな量の資料も数千年前のものであったことからハンターズギルド側は絶滅したものだとしており、遺群嶺の調査に伴って実在が明らかとなった。.

[ ]. MHP2 ! : Wikipedia. 4 [3] [4] .

『転スラ』ヴェルドラの基本プロフィール

雪山を中心とした広範囲に生息し、鋼鉄の鱗を持つ古龍種。ゲーム開発中の仮称は「メタルドラゴン」となっていた [9] 。鋼鉄の外殻は自身の肉や骨と一体化して、一種の 外骨格 を形成している [10] [9] 。前肢と後肢の間に巨大な皮膜状の翼を持ち、瞳は青で、口先がやや赤みを帯びる。角に周囲の大気を制御する器官があり、身体に「風の鎧」と呼ばれる膜状の強風をまとい、近づくハンターを転倒させ、矢や弾丸を弾き返すなどの防御帯として機能する。鋼の皮膚は定期的に脱皮し、脱皮が近づくと錆び始めるが、この時期は気性が荒くなり街を襲うこともある。脱皮直前になると静かな場所に移動し、表皮を砕いて一気に脱皮する。このため翼や甲殻は年輪として見て取ることも可能で、主に幼年期・青年期・初老期に分かれるとされる [10] [9] 。この表皮再生は永久でなく、組織の薄い末端部から白骨化が徐々に進んでいき、全体組織が白骨化すると寿命となって死に至るとされる 艦これ 艦載機熟練度 上げ方 。作中では脱皮の瞬間を目撃した者はいないとされているが、ゲーム内の映像ギャラリーで閲覧可能である。雪山フィールドの山頂には脱皮殻が残されており、ピッケルがあれば金属素材を採取できる。.

食物を腐敗させて生成した体内のガスで自らの巨体を浮かせているとされている。空中を漂っているだけのように見えるが、性格は凶暴でしばしば街を襲撃することもある。寿命は非常に長いとされ、海洋を越えて生存が確認されていることから、行動範囲も非常に広いとされている [14] 。作中では、古龍観測所に保存されていた絵にヤマツカミらしき生物が描かれていた。.

火炎放射器 のような炎のブレスを吐く。怒り時にはブレスの射程距離が伸びる。低空飛行しながら火炎ブレスを吐く動作も行う。また、翼から粉状の組織片を飛ばし、牙を火打石のように打ちつけて火花を起こし、 粉塵爆発 を発生させる攻撃を行う [11] 。MHP2Gでは怒り時の尻尾振り攻撃による粉塵爆発と、突進攻撃前の予備動作が追加された。さらに、身体から高温を発しているという設定のため、ナナ・テスカトリに近接すると地形ダメージのように体力が徐々に減少してゆく。接近時に体力が減少する特性は、ナナ・テスカトリを毒状態にする、または角の破壊で停止させることが可能である。. かつて街を滅ぼされた経緯もあるルミナスは怒り、ヴェルドラは「 生と死の抱擁 エンブレイスドレイン 」で魔素を吸われながら、ルミナスが満足するまで「激痛」「不快感」を与えられますが、結果として暴発しそうになっていたオーラが安定値まで減少します。.

png エンタメLOVE. この時、クロエの中には ヒナタ の魂も入っており、未来のテンペストの地下迷宮で散々馬鹿にされたことを根に持っていたため、ヴェルドラとの戦いはヒナタ人格で対応、ヴェルドラを完封して 「無限牢獄」で封印 することとなりました。.

MH3G2 [15]. MHP2. [52] "" [52] 暴風竜 2 [51]. [22] [22] [22] [22] [22]. 20 [11] [12] [11]. 暴風竜 MHF-GG9.

『転スラ』ヴェルドラとは?リムルの親友にして竜種の一体

風を発生させる能力を持ち、自ら生み出した 積乱雲 を元に大規模な嵐を発生させ、その気流を飛膜で捉えて飛行する生態から、「嵐龍」という別称を持つ。常に嵐を身にまとうため、アマツマガツチの周囲では水害や土砂崩れなどの大規模な自然災害が発生する。また、体内に嵐気胞という器官を持ち、膨大な量の水を貯蓄し、高水圧の弾丸や ウォータージェット として吐き出すことができるという設定である。生態ムービーでは、ギルド所有の飛行船をウォータージェットで撃ち抜いて撃墜する様子が描かれた。.

翼が生えた ライオン のような姿をしている古龍種。王冠のような、縦方向に伸びる形状の角を持つ。下顎の犬歯が発達し、口内には収まらず常に露出する。また、後頭部から首の付け根にかけてたてがみが発達し、体色は青い。テオ・テスカトルは同属のオスとされており、角の形状や体色が異なる。. 深海に生息しており、時折呼吸のために海上へ浮上するが、髭や体表に大量の 藻類 を共生させており、それを発光器官や体表の 発光バクテリア を光源にして 光合成 を行わせることで酸素を補充しているため、一度の呼吸で数か月の間は海中での活動が可能とされている [15] 。.

MHF MHF-G10G2. [9] [10] [9] [10] [9] [9] .

見出しの下にも:
レビューを書く

サイトの新着

連絡先: E-mail mail@bluesmartcardasia.com