bluesmartcardasia.com

石井 ゆかり 獅子座

作成した: 24.08.2021

これはもちろん、蟹座の人が自分で愛する人を選べない、ということではありません。ただ、蟹座の人々は、「知っている人」に対してはできるだけ良いところを探そうとします。こちら側から愛情を注げるよう、努力するところがあるのです。 一方、獅子座の人の愛の形成は、「愛への歩み寄り」ではなく、一目惚れのような、ある種の陶酔のような、あるいは、王様が配偶者を選ぶような、一種独特の緊張感と距離感に包まれているところがあるかもしれません。. 蟹座と獅子座。 この夏の二星座は、隣り合っています。 日本では蟹座は梅雨時の生まれ、獅子座は真夏の生まれになるので、「夏生まれの星座」というと獅子座のほうがより印象が強いかもしれませんが、「光」の量でいけば、蟹座の方が実は、光が強いのです。というのも、太陽が蟹座に入る日こそが、一年でもっとも日が長い「夏至」だからです。.

これはもちろん、蟹座の人が自分で愛する人を選べない、ということではありません。ただ、蟹座の人々は、「知っている人」に対してはできるだけ良いところを探そうとします。こちら側から愛情を注げるよう、努力するところがあるのです。 一方、獅子座の人の愛の形成は、「愛への歩み寄り」ではなく、一目惚れのような、ある種の陶酔のような、あるいは、王様が配偶者を選ぶような、一種独特の緊張感と距離感に包まれているところがあるかもしれません。. フェリシモ ご利用規約 個人情報保護 セキュリティー 特定商取引法に基づく表示. 土星は「サターン」と呼ばれます。ローマ神話の農耕神サトゥルヌスがその名の由来で、ギリシャ神話のクロノスと同一視されています。農耕の神ですから、基本的には、農民を守る有り難い神様だったはずです。クロノスは「時間の神」であり、星占いで用いる7つの星(太陽・月・水星・金星・火星・木星・土星)のうち、最も偉大な星として扱われた時代もあります。 土星はこの7つの星の中で、最も動きが遅い星です。約29年ほどをかけて12星座を一巡します。「ゆっくり動く」ことの印象から、老人や重々しさ、時間そのものと結びつけられた、ということなのかもしれません。.

ゆえに、内面がどんなに不安定であっても、少なくとも外から見ると、態度はいつも安定していて、落ち着いています。弱みを見せない強さがあります。 心がどんなにへこんでいても「別に平気」という顔を、ほとんど無意識に作ってしまうのです。スキがない、といわれる人も多いようです。 更に言えば、それに悩んでいる人も少なくありません。.

くっきりとした輪のある、ユニークな姿の土星は、天文ファンには大変人気があります。一方、星占いファンには、土星はあまり人気がありません。なぜなら、土星は「冷たく、暗い星」であり、「制限、宿命、時間の星」とされているからです。冷たさや暗さや制限は、確かに、あまり好まれません。「宿命」ときては、少々怖ろしいような気さえします。占いの世界では、土星を怖れ嫌う人も少なくないように思います。 でも、土星は本当にそんな「悪い星」なのでしょうか。 土星は「サターン」と呼ばれます。ローマ神話の農耕神サトゥルヌスがその名の由来で、ギリシャ神話のクロノスと同一視されています。農耕の神ですから、基本的には、農民を守る有り難い神様だったはずです。クロノスは「時間の神」であり、星占いで用いる7つの星(太陽・月・水星・金星・火星・木星・土星)のうち、最も偉大な星として扱われた時代もあります。 土星はこの7つの星の中で、最も動きが遅い星です。約29年ほどをかけて12星座を一巡します。「ゆっくり動く」ことの印象から、老人や重々しさ、時間そのものと結びつけられた、ということなのかもしれません。 土星を語る上でよく出てくるキーワードを、以下にご紹介しましょう。 厳格、禁欲的、憂鬱、粘り強い、ストイシズム、努力、制限、規則、メランコリー、学問、研究者、探究者、歴史、技術、秘密、老人、老師、忍耐、過去、自らに課すものの大きさ、時間、農夫、庭師、組織、伝統、遺跡、徴税人、評判の高さ、著名人、守護者、庇護者、年齢差、不満足、不動産、管理者、他人の所有物の管理、信頼、責任、義務、鉛、石、脚と膝、腎臓、etc.

地球上から見た全天で最も明るい天体は太陽と月です。 この2つを西洋占星術では文字通り「lights」と呼びます。 ブラコンとは アニメ 昔、月夜に提灯を用いるのは「贅沢」だとされました。 太陽と月が出ている時間は、「明るい時間」だったのです。 夏は一番「光」の多い季節です。 ゆえに「ライツ」は、夏の星座を支配する星、とされました。 蟹座を支配するのは、月。 獅子座を支配するのは、太陽。 つまり、獅子座は12星座のうちで、もっとも「輝き」が強い星座なのです。. 獅子座は「愛の星座」でもあります。この「愛」は、個人としての愛です。恋愛はその最たるものです。また、親が子に注ぐ愛も当てはまります。 蟹座もある意味「愛の星座」ですが、それは言わば「所与の愛」です。私たちは赤ん坊として生まれおち、身の回りにあるものに愛着を持ち、「目の前にあるもの」と情愛の絆を結んでゆきます。そこには、ほとんど選択の余地がありません。好きになるか嫌いになるかはある程度選べますが、「子が親を選べない」ことが象徴するように、幼い私たちはまず、与えられた環境に愛着を持つしかないのです。.

-  .

発行者による作品情報

この2星座が同じ星に支配されている、ということは、矛盾するように思えるかもしれません。 ですが、山羊座が問題にしているのは過去に立ち返ろうとすることではなく、過去から受け継いだものをより力強い形で未来に生きのびさせようとすることです。過去は、未来への材料なのです。 水瓶座が目指す未来もまた、過去の経験という土台の上に成り立っています。新しく高度な技術ほど、「基礎」の強度が問われます。. これはもちろん、蟹座の人が自分で愛する人を選べない、ということではありません。ただ、蟹座の人々は、「知っている人」に対してはできるだけ良いところを探そうとします。こちら側から愛情を注げるよう、努力するところがあるのです。 一方、獅子座の人の愛の形成は、「愛への歩み寄り」ではなく、一目惚れのような、ある種の陶酔のような、あるいは、王様が配偶者を選ぶような、一種独特の緊張感と距離感に包まれているところがあるかもしれません。.

目の前に見えているこの世界の「向こう側」にある世界、自分以外の人々の人生で埋め尽くされた、この広い世界。そして、そこで様々に変わりゆき、歳を重ね、人生を終える自分自身。 理解不能のように思えるこうした広い広い、深遠のようななにごとかに、どんなに時間をかけてでも向き合おうとする態度こそ、土星的な生き方だといえるのではないでしょうか。. 蟹座と獅子座には「甲羅」「獅子の皮」という共通点があります。外界から自らを守る固い壁を持っているのです。 この「壁」は、月と太陽という強力な光に通じるものがあります。というのも、強い光は、直視できないのです。また、固いもの同士がぶつかったとき、火花が散ります。光が跳ね返されたり、まぶしさで視界を奪ったりするような「拒否」の仕組みが両者にはあるのです。 この「拒否」は、個が個であるために必要な、ごくプリミティブな「境界線」です。自分が自分だということを発見するために、どうしても必要な壁なのです。.

山羊座の対岸は蟹座、蟹座を支配する星は月です。月は夜空を明るく照らしますが、その光は強くなったり弱くなったり、不安定です。山羊座は、そうした不安定さに対抗すべく、冷たい石でできた堅牢な城の中で、暖炉や蝋燭の炎を「燃やし続けよう」とするような世界といえるかもしれません。 山羊座も蟹座も同じように、「人を守る」役割を担う世界です。蟹座は自分一人の甲羅で、その内側に大切なものを守ろうとします。山羊座はみんなの力を結集させ、みんなを守ろうとするような、ダイナミックな世界なのです。この「みんなの力を結集させて、みんなを守る」ための厳格さ、誠実さ、緻密さ、一貫性は、すべて土星の世界に属しています。.

水瓶座は自由と理想を掲げる星座です。 そこでは、人は友情で結ばれあいながら、互いの自由を侵すことがありません。個人が集団の犠牲となることなど、あってはならないのです。 また、継承される知恵を「そのまま」では受け継ぎません。常に何か新しい改良の方法がないか、模索しています。 古いものを守るだけでは、本当に「守る」ことはできない、と水瓶座の人々は考えるのです。.

獅子座は「王者の星座」であるとされます。王様は集団に属してはいますが、集団の構成員とは全く別の、一人だけ独立した存在です。集団に所属しながら集団に溶け込んではいない、突出した存在なのです。 獅子座は主観の星座であり、個人の肯定の星座であり、自己表現の星座でもあります。そこには「正解」はありません。獅子座の正義は多数決で決められるようなものではないのです。蟹座のような、集団性から飛び出したところに獅子座の生き方があります。「自分は自分」ということが、獅子座の世界のベースにあるリクツです。 これは「他人と自分は違う」というような相対的な問題ではありません。閉じた集団という、いわゆる「コンテクスト」の外側に出てしまえば、そこにはもう客観的な善悪も、相対的な善悪もありません。「自分」があるだけなのです。自分の創造性、自分の美意識、自分の強さ。ヘラクレスがたった一人で12の難業に取り組んだ姿にも、そのことが表れているように思われます。.

石井ゆかりの他のブック

土星は「サターン」と呼ばれます。ローマ神話の農耕神サトゥルヌスがその名の由来で、ギリシャ神話のクロノスと同一視されています。農耕の神ですから、基本的には、農民を守る有り難い神様だったはずです。クロノスは「時間の神」であり、星占いで用いる7つの星(太陽・月・水星・金星・火星・木星・土星)のうち、最も偉大な星として扱われた時代もあります。 土星はこの7つの星の中で、最も動きが遅い星です。約29年ほどをかけて12星座を一巡します。「ゆっくり動く」ことの印象から、老人や重々しさ、時間そのものと結びつけられた、ということなのかもしれません。. ただ、面白いことに、水瓶座の世界は「完全な個人主義の世界」というのとは、ちょっと違います。むしろ、人間が集団で生きていく、ということは、水瓶座でも大前提なのです。 水瓶座の対岸を見ると、そこは獅子座です。獅子座は太陽に支配された世界で、個人が個人として最も輝く、自己表現と自己主張の世界です。 一方の水瓶座は冬の世界で、人が一人ぼっちでは決して生き抜いていけない、ということを熟知しています。夏の暑い盛りならいざ知らず、厳寒の冬には、人はつながりあい、寄り添いあって生きていくしかありません。.

山羊座の対岸は蟹座、蟹座を支配する星は月です。月は夜空を明るく照らしますが、その光は強くなったり弱くなったり、不安定です。山羊座は、そうした不安定さに対抗すべく、冷たい石でできた堅牢な城の中で、暖炉や蝋燭の炎を「燃やし続けよう」とするような世界といえるかもしれません。 山羊座も蟹座も同じように、「人を守る」役割を担う世界です。蟹座は自分一人の甲羅で、その内側に大切なものを守ろうとします。山羊座はみんなの力を結集させ、みんなを守ろうとするような、ダイナミックな世界なのです。この「みんなの力を結集させて、みんなを守る」ための厳格さ、誠実さ、緻密さ、一貫性は、すべて土星の世界に属しています。.

NO .

家庭や仕事場や友だちと集まる場所など、人は複数の「場」で、それぞれに「(その場で)生きる意味」を無意識に汲み取っています。 そうした場がひとつも感じ取れなくなってしまったとき、私たちは「自分が生きる意味」を見失います。この「意味」を回復するには、また他者と出会い、結びつき、新たな「場」を作っていくしかないのかもしれません。. 不思議と、今の世の中では 「人工的なものか、自然なものか」を、 「機会」にも当てはめる人が少なくありません。 お見合いは「自然な出会い」ではないとか、 帝王切開での出産日は 「本当の誕生日」とはちがうとか、 そんなふうに受け止める向きがあるのです。 でも、そもそも、 「縁」や「機会」は、 私たちを取り巻く人間関係の全体から、 それこそ「生まれ落ちる」ものです。 お見合いも、予定された出産も、 すべて、自分を取り巻く世界と自分との 妖怪ウォッチじんめん犬好物 立派な「縁」です。 人為的な「出会い」のようでも、 その「人為」こそが、 奇跡的偶然なのです。 自分から求めて得られたように見えるものも、 実際は「天からの贈り物」です。 なぜから、自分以外の誰かが絡むことは すべて、ゼロから自分でコントロールするのは 不可能だからです。.

他者に出会った時。出会った他者と離別したとき。他者でできた集団の中に身を置いた時。集団から離脱した時。死を前にした時。 こんなとき、私たちは「新しい自分」に出会います。自分という個性が決して「自分」というものだけでできてはいないことを悟ります。他者との関係の中で、大きな世の中において、私たちは様々に塑像されます。関わる相手が変わり、身を置く場所が変われば、自分が変わってしまうのです。「自分」とはそれほど当てにならぬ、不確かなものです。他者もまた、そのとおりです。私たちは関係性の中でできている。そのことを悟るカギを象徴するのが、土星という星なのかもしれません。. さらに、暖かい冬もあれば、寒さが続く冬もあります。暖房用の燃料を用意するならば、暖かい冬を見込んで少なめに用意するよりは、厳冬を警戒して多目に準備する方が、望ましいはずです。 山羊座ー土星に出てくる「悲観」とは、この「厳しめの見通し」を言うものです。決して、非現実的な消極性を言うものではありません。自他を確かに守るための予測が、山羊座ー土星的「悲観」なのです。.

ゆえに、内面がどんなに不安定であっても、少なくとも外から見ると、態度はいつも安定していて、落ち着いています。弱みを見せない強さがあります。 心がどんなにへこんでいても「別に平気」という顔を、ほとんど無意識に作ってしまうのです。スキがない、といわれる人も多いようです。 更に言えば、それに悩んでいる人も少なくありません。. 蟹座と獅子座には「甲羅」「獅子の皮」という共通点があります。外界から自らを守る固い壁を持っているのです。 この「壁」は、月と太陽という強力な光に通じるものがあります。というのも、強い光は、直視できないのです。また、固いもの同士がぶつかったとき、火花が散ります。光が跳ね返されたり、まぶしさで視界を奪ったりするような「拒否」の仕組みが両者にはあるのです。 この「拒否」は、個が個であるために必要な、ごくプリミティブな「境界線」です。自分が自分だということを発見するために、どうしても必要な壁なのです。. 自分が自分であることの肯定は、蟹座の世界で培われたものです。 すなわち、自分は絶対的に「ここにいて良いのだ」という確信です。 これこそが「外に出て行く時の、獅子座の自身と落ち着き」の根拠です。 自分はこの世に存在していいのだ、と思えたとき、人は、一人で外に出て行けるようになります。.

212.  -  .

獅子座は「愛の星座」でもあります。この「愛」は、個人としての愛です。恋愛はその最たるものです。また、親が子に注ぐ愛も当てはまります。 蟹座もある意味「愛の星座」ですが、それは言わば「所与の愛」です。私たちは赤ん坊として生まれおち、身の回りにあるものに愛着を持ち、「目の前にあるもの」と情愛の絆を結んでゆきます。そこには、ほとんど選択の余地がありません。好きになるか嫌いになるかはある程度選べますが、「子が親を選べない」ことが象徴するように、幼い私たちはまず、与えられた環境に愛着を持つしかないのです。.

蟹座と獅子座は夏の星座であり、光の星座なので、その支配星として、地球から見た全天でもっとも明るい月と太陽が割り当てられた、という話を 前回、書きました。. 獅子座は「個」です。 自分が自分としてあること。 他人と自分とは切りはなれていること。 獅子座を支配する太陽は、だれに頼まれたわけでもなく、自ら煌々と輝いています。燃えています。 自分から光を発しているのは、太陽系では、太陽だけです。 獅子座の人々は、王様のようだ、と表現されることがあります。 獅子座の人の周りに集まる人たちは、なぜか不思議と、獅子座の人の表情を見ます。 王様が楽しんでいるかどうかが、気になるのです。 獅子座の人が心からリラックスして楽しんでいるとき、周りの人は、心から安心して、自分も自由に楽しめるようになります。 これは、獅子座の人の顔色を窺って怯えている、ということではありません。 暖炉のまわりに自然に人が集まってくるように、その人の熱を皆が必要としているのです。 獅子座の人が自分自身を肯定して満たされているとき、周囲の人も安心して、自分が自分であること満喫できるのです。. フェリシモ ご利用規約 個人情報保護 セキュリティー 特定商取引法に基づく表示.

見出しの下にも:
    29.08.2021 00:43 Sin'ichi:
    どんなに強くとも、ヘラクレスは生身の人間です。「獅子の皮」は英雄の鎧で、言わば「外観」です。弱い部分を覆い隠し、守るのが鎧です。戦士は自分を強そうに見せるよう努力します。決して弱みは見せません。獅子の皮は、ヘラクレスという英雄の弱点を隠しているのです。 獅子座の構造もそれに似ています。獅子座の人々の「自己表現」は、非常に「強そう」です。悩みを吐露するようなときでさえ、「これは自分で解決できるし、もう半ば解決してしまっている」というような言い方をします。ゆえに、本当に悩んでいるとは見えないことがあります。繊細な部分を鎧に隠し、人に見せないようにしてしまうのです。.

レビューを書く

サイトの新着

連絡先: E-mail mail@bluesmartcardasia.com